投資・運用コロナ激変 不動産

プロの視点 債券配分の一部を不動産に=松本聡一郎

     欧米では景況感、生産活動がいずれもプラスの水準に戻ってきているが、コロナ前の水準には時間がかかる。米国のGDP(国内総生産)の回復は2022年を予想する。各国は今後2〜3年、財政出動と金融緩和を続ける必要がある。今後の金利上昇、将来的なインフレを心配するのはまだ早い。景気拡大で物価上昇が鮮明な状況が来るような事態は考えにくい。

     日本はコロナ前からマイナス金利だったが、欧米各国でも政策金利がゼロになった。膨大な資金を抱える海外の年金基金は運用対象がなく、投資が限られている。こうした状況は数年続くと予想される中で、安定した利回りを生み出す不動産に魅力を感じる投資家が多い。

    残り541文字(全文829文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事