週刊エコノミスト Online編集後記

村田晋一郎/加藤結花

編集部から

 コロナ禍による経済活動の停滞で、企業の倒産や廃業が相次いでいる。それだけ仕事を突然失った人が大量発生していることになる。かくいう私も突然失業したことがある。

 10年前の8月末日、当時勤めていた出版社が倒産した。業績は悪化しており、倒産には驚かなかったが、当日の終業1時間前に破産管財人から「今日で会社は終わり。速やかに荷物を整理し退出せよ」と告げられた時は面食らった。そして「会社や仕事は突然なくなる可能性がある」ことを思い知らされた。

 転職を控えた失業と予期せぬ失業は全く違う。失業手当の受給で通ったハローワークの空気は重く耐え難かった。幸い、付き合いのあった方々から仕事をいただくことができ、その後、定職にも就けたので、私はまだ恵まれていたかもしれない。

残り830文字(全文1165文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事