経済・企業コロナ時代 ものづくり成長企業

日本のリスク コロナで「不確実性時代」へ サプライチェーンに落とし穴=和田肇

    (出所)2020年版 ものづくり白書「概要」の3頁
    (出所)2020年版 ものづくり白書「概要」の3頁

     緊急事態宣言下の5月29日、政府は「令和元年度ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)を閣議決定した。

     今年の白書は「新型コロナウイルスの感染拡大」を危機の一つとして掲げ、環境変化の「不確実性」が、日本の製造業の大きな課題と指摘した。

     財務省・日本銀行の国際収支統計によると、2019年の日本企業の第1次所得収支の黒字幅は、00年の7・7兆円から、20・7兆円に拡大。内訳も00年は海外の証券投資収益が大部分を占めたのに対し、19年は海外工場などの直接投資収益が半分以上を占めるようになった。

     従来の製造業は複数工程を物理的に1カ所にしなければ非効率だったが、1980年代末から技術革新によって、各工程を細分化して複数国に分散して最適なサプライチェーンを構築する動きが進み、00年以降、効率を追求して高度に発達したグローバル・サプライチェーンが構築されたと白書は指摘している。

    残り376文字(全文769文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事