経済・企業コロナ時代 ものづくり成長企業

注目企業3 素材 東洋合成、ADEKA、住ベ デバイス需要が“川上”に波及=広木功

台湾TSMCのウエハー(Bloomberg)
台湾TSMCのウエハー(Bloomberg)

 マテリアル(素材)関連業界は新型コロナ禍と米中ハイテク摩擦の影響を強く受けて収益が悪化している。しかし逆風の中で成長投資を敢行するところもあり、明暗がはっきりしてきた。

 好調を持続しているのは半導体をはじめとする電子デバイス製造用の最先端材料であり、5G(第5世代移動通信システム)やテレワーク関連機器、データセンターへの旺盛な投資が追い風になっている。逆に需要が激減しているのが自動車をはじめとするモビリティー分野であり、コロナ対策で人の移動がグローバルに制限された影響が“川上”のマテリアル業界にまで及んでいる。

 高成長を期待していた内装材やタイヤ、樹脂成形品、ガラスなど、自動車や航空機製造向け部材の売り上げ減を補うためにも、三菱ケミカルホールディングス(HD)や住友化学、三井化学をはじめとする化学大手は電子デバイス部材への投資を拡大している。日立化成を統合したばかりの昭和電工も電子デバイス向け特殊ガスや高純度薬剤をさらに強化する。

残り1983文字(全文2405文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事