経済・企業コロナ時代 ものづくり成長企業

電機 ソニーはゲームで好材料続々 日立は電力事業で逆転期す=阿部哲太郎

     国内電機メーカー大手8社の4~6月期決算は、5社が営業減益、2社が営業赤字で、営業増益は富士通だけだった(表)。

     日立製作所、東芝、三菱電機の重電3社は、減益幅が一様に悪化した。重電各社は事業の比率で自動車や航空機、鉄道などの移動産業にかかわる部分が大きく、新型コロナによる景気鈍化で企業の設備投資の見送りによる影響額が大きかった。

     一方でNEC、富士通の通信系2社は比較的好調だった。コロナ後の非接触やオンライン化に対応した企業のIT化、DX(デジタルトランスフォーメーション)化の需要の追い風が大きい。NECは、パソコンの買い替え需要や大型案件の一巡などもあり、4~6月期は営業損失だったが、ほぼ期初の計画通りの進捗(しんちょく)で、今期は約2割の営業増益を見込んでいる。

    残り1880文字(全文2219文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事