経済・企業深層真相

「パラバブル」崩壊か 競技団体関係者は戦々恐々

     東京パラリンピックは8月24日で開幕まで1年となった。しかし、代表選手の強化を担う国内の競技団体は、新型コロナウイルスの影響によって「スポンサー企業が撤退するのでは」と戦々恐々としている。

     国内には夏季パラリンピックの実施競技を統括する団体が26(一部は健常者の団体と同一)ある。各団体は個々に企業とスポンサー契約を結び、協賛金や施設利用などの支援を受けている。障害者スポーツは知名度が低く、財政が苦しい団体も多かったが、東京開催が決ま…

    残り330文字(全文549文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事