経済・企業深層真相

ファミリーマートCMOに元P&G足立光氏が就任し話題に 「P&Gマフィア」とも呼ばれる凄腕マーケター集団の実力とは

     セブン─イレブンやローソンに次ぐコンビニ大手ファミリーマートが、CMO(最高マーケティング責任者)として10月、日本マクドナルド幹部だった足立光氏=写真=を招へいする。

     足立氏は、米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の日本法人出身。2015年にマーケティング本部長として転じた日本マクドナルドでは、「夜マック」などのヒット商品を生み、品質問題で低迷していた同社立て直しの立役者となった。

     P&Gでは、「消費者はボス」という哲学が徹底し、USJを再建した森岡毅氏を筆頭に、キリンビールやアサヒビール、江崎グリコ、吉野家ホールディングスなどに腕利きのマーケティング担当者を輩出している。その中でも「足立さんはP&G時代、同期入社組の中ではピカイチの存在だった」(P&GのOB)。

     ファミマ入り後、早期に手腕が発揮できれば、たちまちポスト沢田(貴司社長)の筆頭候補に躍り出ると見る関係者も多い。

    (本誌初出 元P&Gの“凄腕”獲得 低迷ファミマの次期社長も 20200908)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事