経済・企業深層真相

「お金配りおじさん」前沢友作氏が株を大量取得……ユナイテッドアローズは今回も買収防衛に動くのか

    ZOZO創業者の前沢友作氏
    ZOZO創業者の前沢友作氏

     コロナ禍で4〜6月期の売上高が前年同期比40・8%減、50億円の営業損失を計上し、純資産が前期末から52億円も目減りした大手アパレル・ユナイテッドアローズ(UA)。8月13日には株価も年初来安値の1336円まで下落したが、同日午後、ZOZO創業者の前沢友作氏がUA株の大量保有報告を提出したことで、14日は一時1616円まで上昇した。

     UA株を7・97%取得した前沢氏は「知見を生かし、コロナで苦しむユナイテッドアローズに友好的な助言をしたい」としている。

     だが、UAには苦い経験がある。2008年、靴専門店大手エービーシー・マート創業者・三木正浩氏の資産管理会社「イー・エム・プランニング」がUA株を大量取得した。翌年にはエービーシー・マートが同社からUA株の23%を65億7100万円で買い取って筆頭株主となった。だが業務提携などを巡る思惑は一致せず、10年9月にはエービーシー・マートがUAの自己株式の公開買い付けに応じ、全株を107億円で売却する結末に。この攻防戦は、UAの財務とガバナンスを根本から狂わせた。

     UAはこれ以前にも大手アパレルのワールドなどから自社株式を買い取っており、エービーシー・マートから買い戻した自社株式と合わせて大量に消却。実に、純資産の368億2900万円(20年6月末時点)を超える378億8267万円を買収防衛に費やした。コロナ禍で綱渡りの資金繰りを強いられているUAだが、前沢氏を素直に「友好的」と受け取れるのか。

    (本誌初出 前沢氏を歓迎できないユナイテッドアローズ 20200908)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事