経済・企業コロナ時代 ものづくり成長企業

トップが語るコロナで揺らがないものづくり 岡林理・レーザーテック社長

岡林理 レーザーテック社長
岡林理 レーザーテック社長

「高レベルの要求に対応 顧客との密な連携を重んじる」

 新型コロナウイルスの影響が甚大だった直近の四半期でも、好業績を打ち出した二つのメーカーのトップに、その理由を聞いた。

(聞き手=編集部、構成=村田晋一郎・編集部)

── 2020年6月期まで4年連続で売り上げと利益が過去最高額を更新している。社長就任後の改革が現在の好業績につながったのか。

■09年7月に就任したが、リーマン・ショックの影響で赤字決算となり大変な状況だった。当時に感じていたのは、当社の強みが必ずしも生かせていないのではないかということ。強みが発揮できる分野は、会社として世の中に最も貢献できる領域であり、そこに注力すれば結果的に売り上げが伸びて利益もが上がると思った。そこで、独自の光応用技術が生かせる半導体用の検査・計測の領域に注目した。その領域は顧客の要求レベルが高い…

残り802文字(全文1172文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事