マーケット・金融独眼経眼

「じゃぶじゃぶ」の先のコロナバブル=藤代宏一

     世界的な大規模景気刺激策によって「じゃぶじゃぶ」にあふれ出てきたマネーが金融市場に向かっている、との指摘は多い。

     ところで、普段何気なく使うこの「じゃぶじゃぶ」とは何か。もちろん明確な定義はないのだが、一般的にこの言葉は「量的緩和」を表現する言葉として使われてきた。具体的には日銀の長期国債の買い入れを通じたマネタリーベース(資金供給量、約8割が日銀当座預金残高)の増加である。

     量的緩和の一般的な解釈は「おカネを大量に供給しても景気は回復せず、物価も上がらない」といったものが多数派である。マネタリーベースが鋭角に増加しても、実体経済に染み出したおカネの合計であるマネーストックは緩慢な増加にとどまっていたからである。実際、インフレ率や経済成長率との関係は希薄だった。

    残り726文字(全文1062文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事