投資・運用まだまだ上がる金&貴金属

現物、ETF、投信 比べて分かる金への投資法=向山勇

     今年夏に史上最高値を更新した金への投資に注目度が高まっている。金に投資する方法は大きく二つある。現物を買うことと、金の価格に連動する金融商品に投資する方法だ。後者には金ETF(上場投資信託)か投資信託がある。それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解した上で、運用の希望や目的に従って選びたい。

     (1)現物 積み立て投資も可能

     現物を買うメリットは、手元で保管できる安心感だろう。金融商品は取引会社が破綻しても顧客の資産が守られる仕組みにはなっている。とはいえ、大手の金融機関の破綻が連鎖的に発生するような「経済有事」の際にどうなるか、不安が残る。その点、自分で現物を保管していれば、そうした事態においても被害を被ることは回避できる。

    残り1569文字(全文1887文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事