週刊エコノミスト Online海外企業を買う

アメリカン・ウォーター・ワークス 米国の人口増支える水道最大手=宮川淳子/305

    ハリケーンに備えて家庭用の水を購入する消費者 Bloomberg
    ハリケーンに備えて家庭用の水を購入する消費者 Bloomberg

     ◆American Water Works

     2019年10月に改正水道法が施行され、水道施設の運営権を民間事業者に設定できる「コンセッション(公共施設等運営権)方式」の解禁や、広域連携推進が努力義務化されるなど、水道民営化に向けた動きが日本でも始まった。人口減や節水で水の使用量の減少が続く一方、水道管の老朽化や浄水場の更新費用の負担が重く、各自治体は水道民営化の検討に動き出している。

     アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)は、水道民営化で先行する米国の民間水道会社(持ち株会社)で、創業から134年の歴史がある。19年末時点で、ニュージャージー州やペンシルベニア州など米国東部を中心に16州の約340万人に上下水道サービスを提供している。AWKの配水管は延長5・25万マイル(約8・4万キロメートル)に及び、東京都水道局が敷設している2・7万キロメートルの約3倍に相当する。

    残り2410文字(全文2802文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事