投資・運用スガノミクス 狙う株

上昇が期待される持ち合い解消銘柄=阿部健児

    東京証券取引所は持ち合い株式の解消を促している
    東京証券取引所は持ち合い株式の解消を促している

     日本企業の業績は、コロナ禍により大幅に悪化している。TOPIX(東証株価指数)採用企業の2020年4~6月期決算では、売上高は前年同期比15・4%減、当期利益は同56・3%減となった。当期利益の減少はキャッシュフロー(CF)の悪化要因となる。四半期開示は任意のため集計対象は限られるが、TOPIX採用企業(除く金融等)の四半期CF計算書からは、営業CF、投資CFともに前年同期から減少しフリーキャッシュフロー(FCF)が減少した一方、財務CFの急増が確認された。

     投資CFの観点からは、政策保有株式(持ち合い株)売却による投資回収も一つの有力なキャッシュ調達手段である。例えば、JFEホールディングスは4〜6月期決算発表と共に開示したIR資料における「キャッシュフロー対策の進捗(しんちょく)」の項目で「政策保有株式:原則保有しない方針のもと売却を順次推進」と示した。また、不二製油グループ本社は決算短信において、「政策保有株式の更なる削減等」により、CFをコン…

    残り637文字(全文1069文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事