投資・運用スガノミクス 狙う株

理論株価 株価は先行きと金利を映す 実体と乖離していない=永浜利広

    Bloomberg
    Bloomberg

     日米の代表的な株価指数であるダウ工業株30種平均株価(NYダウ)と日経平均株価を見ると、コロナショック前ピークだった1月中旬の95%以上の水準まで戻している。

     これに対し、実体経済の持ち直しが弱く、コロナのみならず米中対立激化や米大統領選など多くの不確定要素がある中で、なぜ株価が上昇しているのかとする向きは少なくない。

    残り1252文字(全文1413文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事