投資・運用スガノミクス 狙う株

Q&A コロナ後の運用 世界景気回復に乗れる投信 日本株なら中小型投信=深野康彦

    Q 安倍晋三首相退任が、投資信託市場に与える影響は?

    A 次期政権も「アベノミクスを引き継ぐ」と述べていることから、大勢に影響はないと思われる。投信市場は、コロナショックで一時的に大打撃を受けたものの、世界的な株式市場の反発を背景に投資資金の流入は加速している。

     ただ、資金流入先は海外株式(グローバル)型投信が中心で国内株式型の流入速度は鈍いままだ。事実、アセットマネジメントOne「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド」は、7月の新規設定で3830億円もの投資資金を集めて話題になった。

    Q 前政権を踏襲する前提で、選ぶべき投信は?

    残り994文字(全文1265文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事