経済・企業スガノミクス 狙う株

高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株30銘柄=大川智宏

安倍首相の辞任表明で一時的に値下がりしたが、日経平均株価は高い水準を維持している
安倍首相の辞任表明で一時的に値下がりしたが、日経平均株価は高い水準を維持している

 日経平均株価が一時新型コロナウイルス感染拡大に伴う急落前の2万3386円を超え、堅調に推移している。その半面、足元で経済や企業業績は急速に悪化しており、株価とのかい離が拡大しつつある。内閣府の景気動向指数(一致系列、対前年比)と日経平均株価を時系列で眺めてみても、前回好況時の2003年から07年は、一貫して景気はプラスに拡大を続けつつ株価が上昇する理にかなった動きを見せていたが、13年以降からコロナ前までの景気の回復期、そして今回の景気後退については、まるで一貫性がない。この違和感と矛盾が一体何によって引き起こされているかについて、個々の銘柄の属性と株価の振る舞いから考えてみたい。

残り1884文字(全文2179文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事