教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『食べることと出すこと』 著者・頭木弘樹さん

     ◆著者 頭木弘樹さん(文学紹介者)

    想像が及ばないことにためらいを持つ

     カフカをはじめ、文学作品や文学者の言葉を紹介してきた。絶望に寄り添うという視点で。自身が絶望した時、救いとなったからだ。

     20歳の時に潰瘍性大腸炎を発症し、13年間の闘病生活を送った。潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症が生じる原因不明の難病。安倍晋三前首相の持病として知られたが、同じ病名でも人によって症状の差が大きい。

    「闘病記を書く気はまったくありませんでした。経験していない人に対して書きようがないし、書けば愚痴になると思っていましたから」

    残り1062文字(全文1316文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事