テクノロジー半導体 コロナ特需

成長分野(2) 5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大=編集部

    まだ使途は広がる (Bloomberg)
    まだ使途は広がる (Bloomberg)

     2019年に米国や韓国が先駆け、日本でも20年3月から商用サービスが始まった5G(第5世代移動通信システム)。サービス開始に合わせて、基地局やパケット交換機といったインフラ、スマートフォンなどの端末で半導体需要が喚起された。

     5Gは「高速」「大容量」「低遅延」を売り物とする。このうち「高速」「大容量」という要素によって、データ量は爆発的に増える。これに伴いデータセンターでのサーバー需要も伸び、より多くの半導体が必要とされる。

     今年6月発表の米IT大手シスコシステムズのリポートでは、固定通信、移動通信などIPアドレスを介した全世界データ量は17年に月間122エクサバイト (エクサは10の18乗)だったのが、5年後の22年には同396エクサバイト に伸びると予想している(図)。スマホやアプリが高機能化しデータが増えたことも一因だ。

    残り661文字(全文1030文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット