テクノロジー半導体 コロナ特需

Interview 米アプライド マテリアルズ 中尾均 アプライド マテリアルズ ジャパン社長

中尾均 アプライド マテリアルズ ジャパン社長
中尾均 アプライド マテリアルズ ジャパン社長

成長続けるトップ装置メーカー 「5Gの立ち上がりに期待する」

 半導体製造装置で世界トップの米アプライド マテリアルズ(AMAT)は、半導体企業の旺盛な設備投資と次世代技術開発を受け、決算も事前予想を上回った。

(聞き手=編集部、構成=村田晋一郎・編集部)

── 製造装置市場の動向をどのように見ているか。

■今年1月に中国で新型コロナウイルスの感染が始まり、サプライチェーンが混乱し始めた時点では、半導体の市場は少し伸び悩むのではないかと見られていた。しかしコロナ禍に応じて通信やゲームなどの市場が伸びたことが半導体の需要を支えた。2020年前半の半導体メーカーの投資も技術ロードマップに沿って順調に推移しており、当社の20年5~7月期の決算も想定より好調だった。この流れはしばらく続くと思っている。

残り1093文字(全文1440文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事