国際・政治深層真相

小泉環境相に追い風 財界が歩み寄り

     小泉進次郎・環境相に追い風が吹いている。国際会議での「セクシー」発言や、子育てばかりが注目を集め、このところ政界での存在感が薄かったが、世界的に「脱炭素」の流れが強まったことで、財界が歩み寄り始めた。9月24日には日本経済団体連合会と合意文書を交わし、気候変動対策やESG投資などで定期的に意見交換をすることが決まった。

     もともと、環境省と経団連は環境政策で対立することが多く、歴代環境相と経団連の協力関係は形式的だった。しかし、欧州や米カリフォルニア州などで脱炭素に向けた動きが活発化する中、財界も遅まきながら、気候変動対策に着手。20年6月に将来の二酸化炭素排出をゼロにする企業活動「チャレンジ・ゼロ宣言」を提唱した。

    残り148文字(全文460文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事