週刊エコノミスト Online海外企業を買う

テスラ 異彩放つEVの最大手=小田切尚登/308

    中国工場の開設で上海市長(右)と握手するテスラのイーロン・マスクCEO=2020年7月 Bloomberg
    中国工場の開設で上海市長(右)と握手するテスラのイーロン・マスクCEO=2020年7月 Bloomberg

     ◆Tesla

     米国のテスラは充電可能な電池を動力源とする電気自動車(EV)の開発、製造、販売を行う会社である。創業は2008年で、本格的に自動車の生産を始めたのは12年という新しい会社だ。最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏の強烈なリーダーシップの下で、短期間に電気自動車の世界的リーダーにのし上がった。売上高の9割以上は電気自動車で、リチウムイオン電池による蓄電事業と太陽光エネルギー装置の販売も行っている。

     技術革新を最も重視し、開発の中心は個性的な自動車でラインアップは4種類。このうちの「モデル3」は4ドアの大衆向け中型セダン(乗用車)で現在の主力である。価格面では同社の製品の中では比較的安価なため、販売がどこまで伸びるかが今後の成長の一つの試金石となる。

    残り2502文字(全文2840文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット