週刊エコノミスト Online編集後記

北條一浩/桐山友一

    編集部から

     出版業界では今、究極の「小」版元である「ひとり出版社」が元気だ。幻の名著の発掘・復刊で話題を呼んだ夏葉社(東京)など、ベストセラーとは縁がないものの、個性際立つ少部数出版で着実に重版し、自分と家族が生活できるだけの利益をはじき出している。

     また大手は大手で、人気マンガの連載を持つ出版社は電子書籍の売り上げが絶好調。休校状態かつ大勢で集まるのもはばかられ、若年層が引きこもりがちになる新型コロナウイルス禍の状況は、むしろ追い風になった。

     そんな中、センスのみで押し切るわけにもいかず、メガヒット商品も持たない中規模出版事業はいかにも苦しい。しかし、ポピュリズムでもマニアックでもない、良質の出版文化は「中」からこそ生まれてきたはずである。ピンチの今こそ新たなアイデアと努力が求められる。自戒をこめて、ここに記したい。

    残り935文字(全文1299文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事