週刊エコノミスト Online編集後記

岡田英/大堀達也

    編集部から

     今年のノーベル化学賞は画期的なゲノム編集の手法「クリスパー・キャス9」を開発した仏米の2氏が受賞したが、その源流は日本にあるという。

     基となった「クリスパー」というDNAの塩基配列は、九州大学の石野良純教授らが大腸菌のDNAを解読する中で発見し、1987年に論文で発表。ただ当時は、その役割や仕組みは分からず、2氏が解明しゲノム編集への利用を提唱した。

     革新的技術の源をたどると、日本の研究に行き着く――。前号の特集『本当に強いバイオ医薬株』で紹介した次世代のバイオ医薬「核酸医薬」もそうだ。遺伝子を構成するDNAやRNAといった核酸を人工合成する研究で日本は世界に先駆けた。だが、実用化では後れを取る。

    残り879文字(全文1187文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事