テクノロジー本当に強い バイオ医薬株

基礎から分かる! バイオ医薬銘柄 見極める4カ条=川村龍太

 バイオ医薬企業の株価はボラティリティー(株価の値動き幅)が大きく、治験などのイベントにも左右されるため、見極めが難しい業種の一つである。中長期の視点で、銘柄を選定するポイントを4点紹介する。

 ポイント1 第2相が最初の関門

 医薬品開発には、人を対象とした臨床試験が必要である。厚生労働省から医薬品としての承認を得るのを目的とする臨床試験を「治験」と呼び、主に3段階で進める。安全性を見る第1相試験(P1)、有効性を確認し最適容量を決定する第2相試験(P2)、最終的な薬の有効性を判断する第3相試験(P3)を経て、厚労省に製造・販売の承認申請を行う。

 企業価値に大きな影響を与え得る最初のポイントは、P2の結果である。研究段階で構想した薬効が臨床でも有効かを実証する最初の試験だからだ。その後の最大のポイントは、やはり最終試験のP3の成否だろう。希少疾患に注力するバイオ医薬企業のJCRファーマを例に、治験イベントが株価にどう影響したか見てみよう。

残り1458文字(全文1882文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事