経済・企業本当に強い バイオ医薬株

がん(1)併用薬 「抗体薬物複合体」に脚光 第一三共が「肺」で治験へ=田中智大

詳しくはこちら

 がん細胞が免疫にかけているブレーキを解除して免疫の攻撃力を取り戻すがん治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」が、手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)に続く「第4のがん治療」として急速に普及している。小野薬品工業が米ブリストル・マイヤーズスクイブとともに2014年に世界で初めて販売した「オプジーボ」や米メルクの「キイトルーダ」が代表的なものだ。最近では単剤での競争は一服し、特定の併用薬と組み合わせる併用療法での競争が激化している。

 というのも、免疫チェックポイント阻害剤は単剤では、効果があるのは患者の3割程度。このため、その有効性を高める併用薬の探索が焦点になっている。併用療法での開発が成功すれば、競合品との差別化が図れるだけでなく、化学療法や免疫療法だけでは効きにくい患者にも臨床的意義が大きい。

残り959文字(全文1321文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事