週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 高橋智子
    撮影 高橋智子

     人工知能(AI)の活用の一つに「文章」がある。小説や詩を自動執筆するAIはずいぶんと腕をあげているが、現時点ではまだ作家が書いたほうが味がある。天気予報や決算報告のほうがAI作文の適性は高い。機械的なルールで筆を進めることができる分野は、しばしばヒトの執筆効率を超える。

     身近なところでは文章校正がある。誤字や脱字を指摘し、代替案を提示してくれる。一から書かせることはできずとも、すでに書かれた文章のチェックならばAIは得意だ。魅力的な代替表現を提案してくれるAIもある。

     AI内部は「数字」の演算である。数字演算が「文章」を扱うことができるのは、ひとえにコーパス言語学(言語をデータベース化する学問)の発展に負っている。手作業では扱いきれない大量のテキストデータを効率的に分析できるようになっただけでなく、巧妙に語句を数字に割り当てることで、四則演算すらも可能になる。「王-男+女=女王」といった具合だ。

    残り406文字(全文810文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事