週刊エコノミスト Onlineバフェットvs商社

変遷 「失われた30年」乗り越えた 世界にない総合商社の進化論=田中隆之

 総合商社は、世界に例を見ないビジネスモデルであるとされる。現在の総合商社は、ほとんどが戦前にルーツを持つが、真に総合商社と呼べるのは旧三井物産、旧三菱商事、鈴木商店など数社に過ぎなかった。だが、終戦直後の経済の混沌(こんとん)の中から、1960年代までにほぼ同じ分野で同じような事業を展開する、均質な商社が約10社出そろった。

 この動きは、自由競争の中で、民間企業である各商社の強い意志によって推進された。占領下の貿易国家管理が終わり、民間貿易が再開する中、いくつかの輸出振興策はとられたが、政府が主導したわけではなかった。

残り2158文字(全文2421文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事