経済・企業バフェットvs商社

丸紅 医療、eスポーツの収益化目指す=大本晶之

    他社にないeスポーツで収益化目指す(丸紅提供)
    他社にないeスポーツで収益化目指す(丸紅提供)

     足元の既存事業は新型コロナウイルス禍でも一定の成果を出しているが、今後もGDP(国内総生産)と同程度の成長率しか期待できない成熟安定領域だ。長い目線で捉えると、ビジネスモデルが10年後には半減している危機意識が社内にあった。

     高い成長性を持つにもかかわらず、当社が全く手を付けていない未開拓領域を「ホワイトスペース」と呼び、時間をかけて育てることが、2019年4月に新設した次世代事業開発本部の使命だ。中間層が台頭し、アジアには大きな消費パワーがある。東南アジアや中国をイメージし、中国子供教育事業や医療品流通・製造など12のテーマに絞って消費を取り込んでいきたい。

     直近はヘルスケア・メディカル(医療)分野で形になる案件が多い。中国の上海復星医薬と合弁会社を設立(18年6月)し、日本製医薬品の卸販売事業に着手した。2次性副甲状腺機能亢進(こうしん)症治療剤の「レグパラ錠」(協和キリン)など2種類を販売し、即座に黒字化した。来年10月にはロシアのハバロフスクでロシア鉄道と共同で、日本式の人間ドックを提供する「予防医療診断センター」の開業を予定しており、1年で黒字化できると考えている。こうした事業は長い時間をかければ、100億円規模の事業になる。

     他社にない事業では、eスポーツを柱にしていきたい。競技に集まる人々は「ミレニアル(1981年以降に生まれ、00年以降に成人を迎えた)世代」。先行する米国でeスポーツの視聴者やファンを対象に動画・記事配信、イベント企画などを通して収益モデルを確立し、そのモデルをアジアに横展開して大きな事業にしていく。

    残り656文字(全文1334文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット