マーケット・金融独眼経眼

FRB疾走とECB追随の行き着く先=渡辺浩志

     米連邦準備制度理事会(FRB)は金融政策の枠組みを変更し、2%超のインフレを許容することを決めた。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、雇用の最大化と2%超のインフレを達成するまで、緩和的な金融政策を維持することを表明した。

     2%超のインフレ達成には相応の景気の過熱が必要だ。だが、コロナ禍の下でそのような高圧経済の実現は容易ではなく、財政・金融政策の協調、いわゆる財政ファイナンスの強化が不可欠となる。

     大統領選が迫るなか、米議会の追加経済対策協議は難航している。だが、現行の対策の失効による「財政の崖」を埋めるため、大規模な追加策は早晩実施されよう。これで国債増発が確定すれば、FRBは国債購入を増やして金利上昇圧力をねじ伏せることになる。財政ファイナンスが強化されれば、名目金利の上昇は抑えられる一方、インフレ期待は高まる。結果、実質金利はもう一段低下し、更なるドル安・米株高を招こう。

    残り690文字(全文1090文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット