マーケット・金融独眼経眼

日米実質金利の低下が示唆するもの=愛宕伸康

     国際金融論に「実質金利均等化」という法則がある。

     価格が完全に伸縮的な国際経済において経済が均衡している場合、「購買力平価」と「金利平価」が成立していると考えられる。購買力平価は、同じ財はどの国で買っても同じ価格になるという「一物一価の法則」が成立しているときの均衡価格のこと。金利平価は、お金をどの国で運用しても同じ収益率が得られるという均衡が成立しているときの金利のことだ。

     こうした均衡が成立しているとき、2国間の実質金利は均等化するという古典的な法則が、実質金利均等化である。

    残り815文字(全文1058文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事