国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク ハドソン川沿いの公園整備進む=冷泉彰彦

    大都会の中を流れるハドソン川 (Bloomberg)
    大都会の中を流れるハドソン川 (Bloomberg)

     ニューヨークでは2001年の9・11同時多発テロ被災からの復興事業の一つとしてマンハッタン島西岸のハドソン河岸の整備事業を進めている。ダウンタウンのトライベッカ地区から西59丁目に至る7・2キロ、約220ヘクタールの河岸を大規模な公園「ハドソン・リバー・パーク」として整備するほか、その区間にグルメやスポーツに関する設備も設け、市民の憩いの場、世界的な観光スポットとする計画だ。

     10月1日には、ハドソン川に突き出した桟橋「ピア26」が生まれ変わった。この桟橋は、ニューヨーク港の桟橋の一つだったが、長年使用されずに朽ちた状態となっており、08年から補修工事が行われていた。自然との調和をコンセプトに、桟橋には三角形の展望台がある。近くには木製のベンチもあり、ハドソン川からマンハッタン島西部、そして対岸のニュージャージーの風景を楽しむことができる。また、スポーツコートが設けら…

    残り135文字(全文525文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事