国際・政治ワールドウオッチ

インド 蚊の駆逐に「ターミネーター」出動=赤嶺剣悟

    「モスキート・ターミネーター」列車 インド国鉄デリー支部提供
    「モスキート・ターミネーター」列車 インド国鉄デリー支部提供

     北インドは酷暑期、雨期を経て、一年を通じて最も過ごしやすい季節に入った。30度前後で比較的快適な季節であるが、毎年この時期は蚊の活動が盛んになり、デング熱が蔓延(まんえん)する。

     特に今年は新型コロナウイルス感染拡大により医療体制が逼迫(ひっぱく)する中、インド在住の日本人にとって、デング熱はコロナと同様、絶対に罹患(りかん)を避けなければいけない病気である。コロナとデング熱の同時発症ケースも複数確認されており…

    残り314文字(全文522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事