国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ 進化を続ける「プレッツェル」=柿添紘光

    パンタイプが定番 筆者撮影
    パンタイプが定番 筆者撮影

     ドイツでビールのお供として定番なのが、ひねりを加えた形が特徴のプレッツェルだ。小さなスナックタイプよりも、手のひらサイズのパンタイプのものが一般的で、茶色い艶のある皮は、焼く直前に水酸化ナトリウム水溶液を振りかけることでできあがる。その出自には諸説あるが、掃除目的で用意していたアルカリ性溶液に、たまたまパン生地が落ちたという説があり、すぐに焼かないと主人に大目玉を食らってしまう職人の焦り具合が目に浮かぶ。

     しかし、この失敗作と思われたパンは意外にも主人に好評で、今や国内にとどまらず、世界中で愛されるようになった。パン屋はもとより、駅の売店やサッカースタジアムでも販売されている。形もさまざまに進化していて、スティックパンのような丸く細長いもの、クロワッサンを模してふんわりと焼き上げたもの、具材も焦がしチーズをのせたものやベーグルサンドのようにレタスやハムを挟んだものもある。最近では、生地自体をカラフ…

    残り116文字(全文521文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事