国際・政治コロナ株高の崩壊

リスク8 欧中対立 首脳会談で“溝”浮き彫り 「脱中国」でEU失速=酒井元実

    メルケル独首相(左)は中国の習近平国家主席を批判した(Bloomberg)
    メルケル独首相(左)は中国の習近平国家主席を批判した(Bloomberg)

     9月14日に開催された欧州連合(EU)と中国の首脳会談は異例の内容となった。新型コロナウイルス対策でビデオ通話形式で実施された会談には、中国からは習近平国家主席、EU側はミシェルEU大統領、ドイツのメルケル首相が出席。EU側が中国に対してこれまでにはない否定的な発言を繰り返すと、習主席は終了後の会見の参加を見送り共同声明もなく終了した。

     これまでのEUと中国首脳との会談といえば、EU側が「中国のご機嫌を損ねないよう、互恵関係の継続を確認する」といった意味合いが強く見受けられたが、今回は様相が違った。圧巻だったのは、メルケル首相の発言だ。「中国・EU間の協力体制は、互恵主義やフェアな競争などの原則に基づくべき」と強調した上で、「中国と欧州の社会システムは異なっているが、規則に基づいて行動するのが前提だ」と中国の外交・貿易の姿勢を痛…

    残り2041文字(全文2411文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事