経済・企業深層真相

貨物輸送会社の「突然死」に出資元企業へ恨み節

    「借り入れは多かったが、まさか倒産するとは……」

     危険物を中心に石油製品などの陸上貨物輸送を手がける新栄運輸(横浜市)が10月19日に民事再生法を申請、取引先の多くは「突然死」に驚きを隠さない。

     帝国データバンク横浜支店によれば、申請時の負債は約28・2億円。同社は、東証1部上場の国際物流大手・日新の持ち分法適用関連会社だった。1954年の設立以来、日新からの受注が大半を占め、同社の下請けとして毎期安定した受注を得て、201…

    残り323文字(全文537文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事