経済・企業急伸!中小型株

注目テーマ1 DX(デジタル化) 非接触・オンラインの需要強く=藤田要

    働き方も大きく変化 (Bloomberg)
    働き方も大きく変化 (Bloomberg)

     デジタルトランスフォーメーション(DX)は、デジタル技術を活用し、企業や組織を変革する取り組みを指す。日本は今後、労働人口の減少が見込まれ、デジタル技術を活用した労働生産性の向上が欠かせない。コロナ禍によるパラダイムシフトが新たな事業機会を生み出すこともあるだろう。新たな生活様式が取り入れられ、非接触や遠隔操作に関するソリューションの需要は高まっていくと思われる。

     既にテレワークを導入する企業も増えている。場所に縛られない働き方は、子育てや介護、地方創生といった課題を解決する可能性を秘めており、今後も定着していこう。また、文部科学省が掲げるGIGAスクール構想は、教育現場のデジタル化につながる。菅政権がデジタル庁を創設し、行政内の業務やサービスのデジタル化を推進する方針であることも追い風となるだろう。

    残り1585文字(全文1941文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事