経済・企業急伸!中小型株

注目テーマ2 EC(電子商取引) コロナ下で安定成長=小林大純

    ECが加速するアパレル業界
    ECが加速するアパレル業界

     東証マザーズの活況は、インターネットなどの電子商取引(EC)関連株がその主導的な役割を果たした。コロナ下での外出・営業自粛がEC利用者の拡大やネットショップの開設増加につながるとの思惑が広がったためだ。コマースOneホールディングスやインターファクトリーといった、ネット上の店舗(ECサイト)を構築する際の土台となるシステム(ECプラットフォーム)を手掛ける企業も、相次ぎ新規株式公開(IPO)を果たした。

     ECサイト作成支援システムのBASEは、昨年末に1755円だった株価が、今年10月8日には1万7240円(取引時間中)に上昇しており、こうしたBASEの人気が他銘柄に波及したこともあり、EC関連銘柄の上場初値は、基準となる公開価格から大きく値上がりした。EC関連企業はコロナ下でも安定的な業績成長が見込め、今後、IPOが続く可能性があり、市場の注目を集めそうだ。

    残り1602文字(全文1988文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事