投資・運用本当に頼れる信用金庫

ゼロゼロ融資 3年後に来る“ショック” 再編圧力はさらに強まる=三好悠

    資金繰りなどの相談が寄せられる金融機関の窓口(Bloomberg)
    資金繰りなどの相談が寄せられる金融機関の窓口(Bloomberg)

     新型コロナウイルス禍による中小企業の資金繰り対策として、国が実質無利子、無担保の「ゼロゼロ融資」を開始したことで、信用金庫を含め民間金融機関で融資残高が大きく伸びている。しかし、金融機関にとって正念場となるのは、実質無利子の期間が切れる3年後だ。人口減少など、もともと厳しい経営環境に置かれている地域の信金にとって、貸出先の業況が悪化して信金の財務が傷めば、さらなる再編圧力ともなりうる。

     ゼロゼロ融資では、当初3年間は利子補給によって実質無利子とするほか、信用保証料も国が負担して減免する。また、融資実行後、最大5年間まで元本を据え置くことも認めている。4月20日の閣議決定後、経済産業省・金融庁連名で金融機関に“ワンストップ手続き”への対応を促し、事業者が地方自治体や信用保証協会へ提出する必要書類の事前確認・代理申請の窓口役を求めたことで、一気に活用が広がった。

    残り1841文字(全文2226文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事