投資・運用本当に頼れる信用金庫

どうする?店舗活用 シェアオフィス、保育園など続々 窓口業務は縮小・削減不可避=高橋克英

    11月2日にオープンした京都信用金庫の「QUESTION」
    11月2日にオープンした京都信用金庫の「QUESTION」

     銀行業界で店舗の再編や利活用が進む中、信用金庫業界でもさまざまな取り組みが広がっている。人口減少やデジタル化に伴うライフスタイルの変化により、信金でも店舗への来店者数が減少傾向にある。銀行に比べても地域密着がより求められる信金で、営業拠点や地域との接点としての店舗の機能を大胆に見直すことは簡単ではない。

     京都信金は11月2日、地域の交流が生まれる場所として新施設「QUESTION(クエスチョン)」を京都市中京区にオープンした。施設は地上8階地下1階で、1階には学生が運営するカフェ&バーが入る。2〜4階には、コワーキングスペースやセミナールームなどがある。5階は学生が集うスペース、6階には京都信金の河原町支店が入っている。

    残り1960文字(全文2275文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事