経済・企業本当に頼れる信用金庫

注目4信金トップインタビュー 富士宮(静岡) 山本勝則・理事長 酪農家への融資にも注力

    山本勝則 理事長
    山本勝則 理事長

     特徴ある信用金庫の理事長に、コロナ禍などに直面する地域をどう支えていくのか、考え方などを聞いた。

    (聞き手=市川明代/金山隆一・編集部)

     新型コロナウイルスが感染拡大した今年3月以降、本部から支店に応援を出して、約8000社の貸出先に1軒残らず足を運ばせた。公的な制度融資とは別に30億円の融資制度を準備し、職員には「全額返ってこなくてもいい。いま地域に貢献しなくて、いつ貢献するのか」と言ってきた。富士宮信金の分厚い自己資本は、こういう時のためにある。

     この地域にはたくさんの観光資源がある。富士山麓(さんろく)に広がる朝霧高原。富士高砂、富士正、富士錦、牧野の4酒蔵。ご当地グルメの富士宮焼きそばを出す店……。1社たりともつぶすわけにはいかない。

    残り375文字(全文700文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事