経済・企業本当に頼れる信用金庫

注目4信金トップインタビュー 亀有(東京) 矢沢孝太郎・理事長 大手並みの手法で企業再生

    矢沢孝太郎 理事長
    矢沢孝太郎 理事長

     特徴ある信用金庫の理事長に、コロナ禍などに直面する地域をどう支えていくのか、考え方などを聞いた。

    (聞き手=市川明代/金山隆一・編集部)

     1999年、破綻した日本債券信用銀行を辞めて、当時父が理事長を務めていた亀有信金に入った。それまでは土地を担保とした融資が中心だったが、新たなチームを作り、経営者や事業内容を見極める信用貸しにかじを切った。開拓したのはIT企業、貿易会社……。不良債権の山を作りながら、融資のノウハウを蓄積してきた。

     2005年に地元でも有名な老舗料亭を再生させた。新旧会社に分けて旧会社を清算し、新会社に出資して、提携する近隣4信金(亀有、足立成和、小松川、東栄)で協調融資を実施した。役立ったのは、日債銀時代の人脈だ。かつての先輩が籍を置く整理回収機構(RCC)の支援を取り付けることができた。この時の経験で、貸し出し債権の劣後債への転換や、日本政策金融公庫との協調融資など、「メガバンク並み」の手法で中小企業を…

    残り271文字(全文689文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事