マーケット・金融本当に頼れる信用金庫

注目4信金トップインタビュー 遠賀(福岡) 岡部憲昭・理事長 「利回り」より「身の回り」

    岡部憲昭 理事長
    岡部憲昭 理事長

     特徴ある信用金庫の理事長に、コロナ禍などに直面する地域をどう支えていくのか、考え方などを聞いた。

    (聞き手=市川明代/金山隆一・編集部)

     金利だけにこだわらず、付加価値のあるサービスを提供することで、利ざやを厚くしてきた。例えばお年寄りの家で電球が切れたら取り換えに行き、水道が壊れれば取引先を紹介する。企業には融資にとどまらず販路拡大など経営支援を行う。こうした取り組みによって総資産に対して高い利益率を確保できている。

     有価証券の運用は、証券会社の出身者がプロパー職員を育てながら取り組んでいる。配当と利回りを収益源とし、売買益を狙いにいくようなことはしない。運用方針はぶれずに貫き、時間をかけて手堅いポートフォリオ(資産構成)を構築してきた。

    残り346文字(全文670文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事