週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 小川昌弘
    撮影 小川昌弘

     新型コロナウイルスの治療のために、世界で競うようにワクチン開発が進められている。

     すでに臨床試験が入っているものもあり、連日発表されるデータを眺めるにつけ、一定の期待ができそうな気配だ。開発一番手の製薬企業には膨大な利益がもたらされるだろう。

     通常ワクチンの開発には10年近い年月を要する。過去最速での承認は、筆者が知る限り、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)ワクチンの4年だが、今回で最短記録を更新するだろう。

     世間に最も認知されているワクチンはインフルエンザの予防接種だ。日本で年間2500万人ほどが接種しており、統計学的に予防効果が確認されている。

    残り481文字(全文757文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事