経済・企業コロナに勝つ転職

採用 面接はオンラインが主流 緊急事態宣言後も9割継続=加藤結花

    オンライン面接を取り入れる企業が増えている
    オンライン面接を取り入れる企業が増えている

     コロナ禍の影響で、オンライン面接は一気に広まった。リクルートキャリアが転職支援サービス「リクルートエージェント」を利用する企業向けに行ったアンケート調査によると、4、5月の緊急事態宣言下で66%がウェブ面接(または電話面接)を採用活動での選考で実施。28%は全てウェブ面接(同)で完結する形をとった。さらに、このうち約9割は緊急事態宣言解除後もウェブ面接(同)を継続している(図1)。

     オンライン面接を実施する理由については、多い順に「世の中の状況を踏まえて、まだ対面での面接は適切ではない」(61・5%)、「対面での面接ではなかなか会えない候補者との面接ができる」(53・0%)、社内調整が柔軟になる(37・9%)、ウェブ面接で十分採用の判断ができる(34・1%)──と続く(図2)。多くの企業がコロナの感染リスクを下げるという以上のメリットを感じている。

    残り1551文字(全文1931文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事