テクノロジースマホ・5Gの新王者

INTERVIEW 総務省 今川拓郎 総務省総合通信基盤局 電気通信事業部長

    ドローンで種もみをまくなど、5Gの普及で総務省が期待するスマート農業
    ドローンで種もみをまくなど、5Gの普及で総務省が期待するスマート農業

    「競争は、まだ不十分 楽天は起爆剤になる」

     公共の電波を使う携帯電話事業者には競争が必要だと指摘する総務省の担当者に聞いた。

    (聞き手=柳沢亮/浜田健太郎・編集部)

     日本の携帯電話料金は、データ使用量で分けて見たとき、低・中容量は格安スマホにあたるMVNO(仮想移動体通信事業者)を中心に安い料金プランが出てきた。国際的に見ても遜色はない。

     一方で、大容量は自前の回線網を持つNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手通信事業者が、高い料金水準を維持している。大手3社で9割近いシェアを占める寡占市場になっていることが要因の一つだ。

    残り1181文字(全文1446文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事