テクノロジースマホ・5Gの新王者

5Gで伸びる企業 遠隔医療、監視、自動運転…長期投資に適した5分野=大川智宏

    普及が進むオンライン授業や学習の支援システムに注目が集まる
    普及が進むオンライン授業や学習の支援システムに注目が集まる

     高速大容量、多数同時接続、低遅延の三つの特徴を持つ第5世代移動通信規格(5G)は、2020年から徐々に商用化が始まり、新型コロナウイルスの影響も重なって、従来は実現不可能であったサービスの誕生や既存のサービスの質の向上などが期待されている。5Gの整備は5年程度をかけて徐々に進められてきた。初期段階のインフラの整備やハードウエアなど技術的な根幹部分は、投資テーマとしての旬を過ぎた銘柄もある。

     今後、重要になるのは、無尽蔵に増え続けるデータ通信量に耐えうるハードの上で、魅力的なサービスを実現するソフトウエア=サービスの側面であり、そこに長期投資の妙味があろう。5Gに絡むサービスは多岐にわたるが、身近で実用性の高いサービスに焦点を当てて投資テーマを探っていく。5Gで新たな価値を創造できる分野として、(1)ヘルスケア、(2)エンターテインメント、(3)生活、(4)産業自動化、(5)スマート…

    残り1344文字(全文1741文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事