テクノロジースマホ・5Gの新王者

INTERVIEW NTTドコモ 中南直樹 ネットワーク部 技術企画担当部長

    NTTドコモ提供
    NTTドコモ提供

     <5G商戦は“正攻法”で臨む>

     5Gをめぐる主導権争いはまだ序盤。携帯業界トップ企業の幹部に話を聞いた。

    (聞き手=編集部)

    「高速・大容量では先頭だ」

     NTTドコモは、第5世代移動通信規格(5G)サービスを提供するにあたって政府からSub6(サブシックス)と呼ばれる3・7ギガヘルツ帯と4・5ギガヘルツ帯の二つと、ミリ波と呼ばれる28ギガヘルツ帯の新しい周波数をそれぞれ割り当てられた。

     電波は低い周波数の方が遠くに飛ぶ特性があり、Sub6の周波数は4Gに比べて電波の飛ぶ範囲がやや小さい。ミリ波の届く距離は100メートル、200メートル。この特性を生かしながら、必要性と用途に応じて基地局を設置していく。

    残り395文字(全文698文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事