週刊エコノミスト Online注目の特集

コロナワクチン 効果9割で年内接種へ 安全性や輸送に懸念=前田雄樹

    ワクチン実用化に期待が高まる (Bloomberg)
    ワクチン実用化に期待が高まる (Bloomberg)

     新型コロナウイルスワクチンの実用化への期待が高まっている。米製薬大手ファイザーと創薬ベンチャーの独ビオンテックは11月9日、共同開発するワクチンの臨床試験で「90%超の予防効果が確認された」と発表した。

     今回の発表は、世界で約4万4000人を対象に行っている大規模臨床試験の中間解析結果だ。この試験では、参加者を二つのグループに分け、一方にはワクチンを、もう一方にはプラセボ(偽薬)を接種。2回目の接種から7日後以降(1回目の接種からは28日後以降)に両グループ合わせて94人が新型コロナを発症した時点で中間的な評価を行った。

     計算上は、プラセボを接種したグループでは86人以上が発症したのに対し、ワクチンを接種したグループでは8人以下しか発症しなかったことになる。一般的なインフルエンザワクチンの予防効果が40~60%とされる中、米食品医薬品局(FDA)は50%以上の予防効果を承認基準としているが、中間解析の結果はこれを大きく上回っている。

    残り636文字(全文1059文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事