国際・政治深層真相

大阪都構想2連敗の維新 「3度目」警戒する声も

     大阪市を廃止し、東京23区のように公選の区長や区議を持つ特別区に再編する、いわゆる「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が11月1日に実施され、2015年に続き再び否決された。構想を推進してきた地域政党「大阪維新の会」代表の松井一郎大阪市長や吉村洋文大阪府知事=写真=は「2連敗」を受け、「都構想の再挑戦はない」と明言するが、関係者からはその言葉に疑いの目が向けられている。

     今回の住民投票は、下馬評で賛成優勢とされた。維新も転んでもただでは起きない。24行政区の権限を強化したうえで合区する「総合区」の導入や、市の広域的な事業を府に一元化する条例の制定など、自民が首を縦に振りづらい提案を、否決から1週間もたたないうちに立て続けに打ち出した。

    残り182文字(全文503文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事