経済・企業深層真相

ドコモ口座問題で露呈した 地銀らの「顧客本位」欠如

 NTTドコモの決済サービス「ドコモ口座」を通じた不正引き出し事件から2カ月。この騒動の裏で問題になっているのが、銀行間の安全意識の差だ。

 今回の一連の問題を受けて金融庁が指導に入り、ドコモなど決済サービス事業者には「eKYC」と呼ばれる本人確認の徹底を、銀行には口座振替利用時の「IVR」と呼ばれる音声自動応答による本人確認強化と被害者への補償を求めている。

 しかし、自らの非を認めない態度が地方銀行などで目立った。不正引き出しの補償について、ある関係者は、「知る限り三つの銀行が、『ドコモに全面的に責任がある』として、問題検証すら行わず、補償をめぐる交渉のネックになった」と語る。

残り170文字(全文462文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事